株式会社ハーフビルドホーム Half Build Home

  • お問い合わせ・カタログ資料請求お問い合わせ・カタログ資料請求

株式会社ハーフビルドホーム Half Build Home

2022年 2月

2022年2月24日
アンダーセン窓のwebカタログ

当社の標準仕様の窓は米国製高性能高断熱木製サッシのアンダーセンです。


輸入総代理店である上野住宅建材さんのアンダーセンwebカタログで詳しく見ることができます。

アンダーセンサッシのwebカタログはこちらから



アンダーセン画像2

上野住宅建材株式会社webカタログより抜粋






LINEで送る

2022年2月21日
マリコラム vol.16 玄関ドアのお直し、と。

maricolumnバナー1-654x163


ずっと放置してきた玄関ドア問題。


玄関ドアの鍵をかける際、ドアを押し引きして位置調整をしないと鍵がうまく回らないようになってしまっていました。


もうそろそろなんとかしねば、ドア壊れちゃうかも…最近ギシギシいうし。


っというこで、やってやりました!


 


鍵のデッドボルト(鍵を回したときにヌッと出てくるやつ)を受ける金物の位置を調整します。


受け金物を外し、正しい位置へ移動すべく、ノミを使って彫り込み直し。


IMG_20220221_105711


受けの内側も干渉してしまうところは、カンカン!と削り取ります。


そして金物を再度付けるのですが、ここが大事!


ビス穴を埋めます!


ほんの少しずらす程度だと、1度目に打ったビス穴にビスが行ってしまって、うまくとまらないのです。


割り箸などの細い木の先を削り、短く切ってビス穴へ。


IMG_20220221_110156


金槌でコンコン。これでリセット。


金具を付け直し、これでお直し完了!


ずらした分、前の彫り込みが見えてしまっていますが…私は気にしない!


もう少しずらしても良かったかなぁ…


ま、また今度。


IMG_20220221_104726


さて、もうすぐ2月も終わりだなぁ…とカレンダーを見ていて気づいた私。


雛人形を出していない!!


浮造り加工に気を取られ、すっかり出し忘れていました。


IMG_20220221_115721 (1)


木目込みの雛人形。


漆喰&木の壁にとってもよく馴染みます。


 


思い出せてよかった…


 


LINEで送る

2022年2月15日
マリコラム vol.15 浮造り加工

maricolumnバナー1-654x163


今ちょうど浮造り加工をしているので、今回は浮造り(うづくり)加工について。


 


浮造り加工とは、木材の表面を削って木目の凸凹を強調させる仕上げ方の事を言います。


古いお寺や神社で見たことがあるかもしれませんね。


私は、あの凸凹しているけど、ツルっとした感じが好きです。


 


今回は犬を飼われている施主様のご希望ですが、


何も加工がないものより、爪が引っかかりやすく滑りにくくなる、と思われます。


 


加工に使用するのはこちら↓


IMG_20220214_144422


マキタのホイールサンダー。


加工枚数が多いので、もちろん電動です!


ナイロンブラシが付いていて、スイッチオンで高速回転!


IMG_20220214_144431


軽く押し当てて滑らせるだけで表面の柔らかい部分だけ削れて、木目が浮き出てきます。


 


…のはずが、今回使用の床材は硬い!


ちっとも浮き出てこない!


泣きそうになりながら地道に滑らせ続け、なんとかここまで削れました。


IMG_20220214_150020


ちょっとわかりずらいですね…


 一気に削りたい!と思って力を入れて押し付けてしまうと、


サンダーの寿命が短くなってしまうので注意です。


 


そして削り作業、やっぱり粉塵がすごいです!


数枚削っただけでも真っ白。


近くに停めてあった車は、粉まみれとなりました…涙。


ということで、防塵マスク、ゴーグルは必須アイテムです!


 あと耳栓はしましょう。


しないと、ずーっと耳元でセミが鳴いている状態になります。笑


 


さて、214枚。


削り終えるのに、けっこう時間がかかりそうな予感ですが…


この床材が貼られたお家の完成を楽しみにしながら、がんばります!


IMG_20220214_150348


LINEで送る

2022年2月7日
マリコラム vol.14 端材で作ったよシリーズ その2

maricolumnバナー1-654x163


ハーフビルドで家具を作る機会は多いですが、先日完成されたI様邸にあった棚。


こちらも床材の余りでご家族の方が自作されたそうです。


IMG_20220204_093024 (1)


この棚の扉がすごい!


歪みがないのはもちろん、真ん中の床材を固定している枠。


これをよく見ると、ただ45度に額縁に組んでいるだけではなく、彫り込んで組んでいるんです!


IMG_20220204_101555


なんと!まぁ!って、私、感動しましたー!


しかも扉の裏側のビスのみで固定されているということは、真ん中の床材も枠を組む時に一緒に彫り込んで固定している!!??


IMG_20220204_101527


しばし扉を観察しちゃいました。


 


引き出しもスムーズに開閉。


すべての面は合っていて、素晴らしいDIY!!


感動しましたー!(←しつこい、笑)


 


作った御本人とその後お話したら、「いやぁ、あれは大変だった!」と笑ってらっしゃいました。


 


さて、扉を作る際にとっても大事なこと、それは歪みのない板を使う事!


じゃないと、歪みに引っ張られて、扉自体も歪みます…涙


取り付けた時に気づくが、時すでに遅し。


せっかく苦労して扉を取り付けたのに…って、やる気ゼロになって、作り直さない。


…はーい、それは私です…


そんな悲しい失敗が減っていきますように。


LINEで送る

2022年2月4日
雰囲気のある新たな那須の売り土地

那須街道と並行する町道沿いの土地は、町営水道が引けて、分譲地の管理費が不要で、しかも利便性が高いためとても人気があります。

昨年のコロナ禍以降、那須街道と並行する町道沿いの土地はほとんど売れてしましまいたが、この度新たにその条件に合う土地が売り出されましたので紹介します。


土地の詳細はこちらから
N22054画像1


LINEで送る

2022年2月1日
マリコラム vol.13 庭仕事

maricolumnバナー1-654x163


住んで1年半、我が家の庭は未だ手つかずで、ただただ毎年ボーボーの草と戦って終わっていきます…


おかげで草狩り機の扱いはだいぶ上達しましたが。


 


 


そして、お隣さんとの境界に生えている木。


この土地を以前持ってらっしゃった方が植えたと思われる木が、これまたボーボーで。


遠方に住んでいる父親を当てにして今まで放置してしまったけど、


コロナで那須へ来る気配はなく、今回思い立って剪定をしてみることに。


 


 


剪定時期は冬、葉が密集すると虫が…ふむふむ、と本を読み、思いきりの良い切りっぷりで作業開始。


おそらく10年くらいは放置されていたと思われる木は、大きいものだと5m近くはありそう。


IMG_20220130_153401


 


IMG_20220130_153419


ジョキジョキやり始めたけど、この木は一体何という木なのか知らない私…


木の写真を撮ると、木のことを教えてくれる便利なアプリで調べてみると、『カナメモチ』


剪定時期は…5月!なんと!


…カナメモチさん、ごめんなさいね…


まずは調べましょうね、と反省しつつ、我が家の庭仕事はまだまだ続く。


 


LINEで送る