株式会社ハーフビルドホーム Half Build Home

  • お問い合わせ・カタログ資料請求お問い合わせ・カタログ資料請求

株式会社ハーフビルドホーム Half Build Home

TOPスタッフブログ時代は再びヘビーデューティー  vol.2
2015年4月30日
時代は再びヘビーデューティー  vol.2

「ヘビーデユーティー」(以下HD)という言葉に私が最初に触れたのは、大学1年の時、関学生協書籍部で小林泰彦さんの書いた「ヘビーデユーティーの本」を手にした時だったと記憶しています。


小林さんは元々、IVY(アイビー)専門の服飾雑誌「Mens’ Club」(通称メンクラ)やpopeye(ポパイ)などに、アイビーやアウトドア系ファッションのイラストを描いていたイラストレーターでした。そんな小林さんがHDという言葉を日本に紹介したこともあって、HDはアイビーに近い流派のファッションスタイルという位置づけが当時の日本では一般的だったと思います。


かたや本場アメリアでHeavy Dutyといえば、アウトドアでの遊びや仕事を快適に楽しむための「丈夫で質実なモノ」にフォーカスしたライフスタイルでありワークスタイルが前提としてあります。


いまでこそ日本でもキャンプ、トレッキング、渓流釣りとアウトドアライフが定着していますが、70年代当時、山岳地帯が国土の8割を占める日本で屋外活動(=アウトドアライフ)といえば登山しかありませんでした。HDアイテムが本来最も活躍する場所はキャンプやトレッキングに向いた山野、つまりフィールドです。険しい山ばかりでフィールドの無い日本では、HDアイテムが本来的に活かせる場所と機会はありませんでした。日本でHDが都会のアスファルトの上を歩くためのファッションに化していったのは、そんな背景があったんじゃないかと思います。



日本にHDを最初に紹介したのがこの本でした。ファッションとしてのHDよりも本来的なライフスタイルとしてのHDに焦点をあてています。小林さんが米国で精力的に取材したおかげで、本物のHDとは何か知ることができました。小林さんありがとう! 絶版となってますが今でも人気があり、ハードカバー本はAMAZONの古本市場で5000円の値がついています。

日本にHDを最初に紹介したのがこの本でした。ファッションとしてのHDよりも本来的なライフスタイルとしてのHDに焦点をあてています。小林さんが米国で精力的に取材したおかげで、本物のHDとは何か知ることができました。小林さんありがとう! 絶版となってますが今でも人気があり、ハードカバー本はAMAZONの古本市場で5,000円の値がついています。



LINEで送る

スタッフブログ

ハーフビルドホームのスタッフがつづるブログ日記です。

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930