株式会社ハーフビルドホーム Half Build Home

  • お問い合わせ・カタログ資料請求お問い合わせ・カタログ資料請求

株式会社ハーフビルドホーム Half Build Home

TOPスタッフブログマリコラム vol.33 無垢材の伸び縮み
2022年8月8日
マリコラム vol.33 無垢材の伸び縮み


ある日ふと気づいたのです。


おぉ!隙間がなくなっている!!


 


無垢材は伸び縮みするというお話を聞いたことがありますか?


木材になってからも、まさに『生きている』!


空気中の水分の影響を受けて、特に横幅が伸びたり縮んだりしています。


湿気の多い季節は伸び、乾燥する冬は縮むわけです。


 


我が家の天井、床も例外なく伸び縮みしてまして、特に脱衣所の床がすごい!


乾燥する時期には5mm程度の隙間ができ、実(さね)に打った釘の頭がこんにちは〜していました。


さらに今年はアリ被害がすごくて…汗


この隙間から、アリが「こんにちは〜」してきて、格闘した春でした…涙



IMG_20220808_121552

↑我が家の脱衣所の床。今はぴっちりくっついていますが、冬は隙間が…着色していると余計目立ちます。



そんな隙間がきれいに埋まっている!とこの間気づいて感動。


そういえば、今はじっとり暑い夏。


木材もしっかり伸びたわけですね。


(縮んでる時期の写真がなくて申し訳ないですが…)


 


ハーフビルドといえば、端材で家具等を作る方も多いと思います。


ここで注意したいのが、端材の無垢材ももちろん伸び縮みするということです。


家具職人さんの使われる木材はしっかり乾燥されているので、そんなことはないと思いますが、


床材や天井材などの端材はしっかり伸び縮みしてくれます。


 


はい、こちら。


IMG_20220808_121341


我が家の自作キッチン収納。


この季節になると、上の引き出しと下の扉がかち合って同時に開けられません、笑


これが、乾燥してくると問題なく開け閉めできるんですよね。


(ちなみに、引き出しの木材は、端材ではなく木材屋さんから買った無垢栂材。


扉はケーシング材と巾木材を使用して自作しています。)


 


ということで、木の特性を理解して、インセットの引き出し、扉などを作るときは、


お隣の木材との隙間を4mmくらい開けて作りましょう!


 


…私も計算して作ったつもりだったんですけどね、何かが歪んだり、曲がったり…


難しいんですよ…


DIY奥深し。


 


LINEで送る